事例紹介

申込み事例

養育費が⽀払われなくなるという話をよく聞いていたので、離婚調停の際に、弁護⼠を通じて主⼈に保証の申込みを相談。

30代前半 離婚協議中 / 0歳半男の子

  • お悩み① 離婚後も安定した関係を続けたい
  • お悩み② ⼦どもに⾯会をしっかりさせたい
チャイルドサポート30
に申込み

結果的に養育費もきちんと⽀払われており、余分なことで苛々せずにすむのが良いのか、離婚後も元主人との関係は安定。面会交流もうまくいっており、子どもと二人の生活もなんとか頑張れています。

チャイルドサポート30
のプランをみる

公正証書で取り決めをしたのに、離婚後すぐ支払いが遅れがちに。

20代後半 養育費受取中 / 2歳4ヶ月女の子

催促すれば払ってくれてはいましたが、いちいち言うのも気が引け、ストレスを感じていました。

  • お悩み① 別れた夫に連絡を取りたくない
  • お悩み② お⾦のことでストレスを
    溜めたくない
チャイルドサポート50
に申込み

この先ずっと催促しないといけないのかと思うと、3ヶ月目にもうやっていられないと思い、養育費保証の申込みを決断。おかげさまで今では気持ちがすごく楽で、ストレスフリーです。

チャイルドサポート50
のプランをみる

ずっと払われていた養育費が突然⽀払われなくなり、これまでにない不安に襲われ、インターネットで「養育費保証」を知り、審査を申込んでみました。

30代後半 養育費受取中 / 11歳0ヶ月

  • お悩み① 急に養育費がストップした
  • お悩み② 解決策が分からず今後が不安
チャイルドサポート50+oneに
申込み

無事審査が通った時には、⼀安⼼。養育費を⽴替えてもらえるようになりました。さらにイントラストさんの催促のおかげもあってか、遅れながらも元主⼈も払ってくれているようで、もっと早く知っておけば良かったと思っています。

チャイルドサポート50+one
のプランをみる

審査申込みのタイミング

お申込みいただいた状況を調査しました

養育費保証を契約されている方に、どのタイミングでお申込みされたのかを調査しました。「離婚手続き中」にお申込みされた方が半数以上に上り、次いで「すでに未払いがある」タイミングでのお申込みが多いという結果になりました。
やはり、早めに手続きを済ませて安心したい、と考える方が多いようです。

こんなに差が出ます

お子さまが5歳のときから20歳まで
月額5万円の養育費をもらう
約束の場合

受け取り合計額の比較

養育費保証に申込みをしている場合、途中で未払いになってもイントラストが立替え・督促まで行うため、計40万円の保証料で満額の養育費をもらえる可能性が高まります。
12ヶ月滞納があった場合は途中で保証終了になりますが、最低60万円(12ヶ月分)の保証があるので損になりません。

※チャイルドサポート50の場合

大学まですべて公立に通った場合の学費負担額

大学まですべて公立に通った場合の学費は約1043万円。
12歳から養育費が払われなくなってしまった場合、623万円を自己負担で支払わなければならないですが、養育費保証に申込みしていれば、自己負担は183万円と、大幅に減らすことができます。

参考文献:文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」、本政策金融公庫「平成29 年度 教育費負担の実態調査結果」

サービスに関するお問合せ

審査のお申込みやご相談・資料請求などお気軽にどうぞ。
サービス・その他のお問合せは、以下のお問合せフォームか、無料相談窓口(0120-560-116)まで。